金色の月

心と生活を楽に豊かにできるような、色んなことを綴ります。目指すはお薦め日替わりランチプレートみたいなブログ。

簡単ランチ:包丁いらず、鍋1つ

今日は、kin'ironotsukiです。

 

面倒くさがりの私、料理も簡単にしたいと思うときが多々あります。たまには手を掛けて、じっくり取り組みたい日もありますが、たいていは時間短縮でぱぱっとしあげたい。でも、健康のためには、インスタントやレトルトはできる限り使いたくないとも思っています。

 

今日も簡単に済ませたい気分だったので、ランチは15分くらいで完成のパスタランチ。

 

材料は、前日の食材だったたっぷりの小松菜を一緒に全部洗って、適度な長さに切ってタッパに入れて冷蔵庫に保存していたもの。

 

そして、天気のいい日に天日干ししてからっからにに乾燥させてから、冷凍保存していた舞茸

 

そして時短料理の強い見方、ツナ缶です。

 

洗い物も少なくしたいので、フライパンで作ります。

やかんでお湯を沸かし、沸いたら、塩を入れたフライパンにお湯をいれます。

 

パスタは残ったら、お弁当に入れる可能性もあるので、食べやすいように2つ折ってフライパンに入れ時々麺がくっつかないようにかき混ぜます。

 

パスタは、好みの細いものを使用するので標準時間だと4分ほどで茹で上がりますが、ちょっと早めに湯切りをして、小松菜と、舞茸をいれます。小松菜、舞茸に火がとおったら、ツナを入れて、和風のパスタソースをかけて混ぜ合わせます。

 

たまたまもらい物のパスタソースがあり、それにニンニクが入っていたので、ニンニクを加える手間が省けました。

通常は、湯切りをした後に、ニンニクを入れ、オリーブ油をまわしかけ、醤油、顆粒和風だしをいれます。

 

カルシウムたっぷりの小松菜と、カルシウム吸収を助けるビタミンDを含むの舞茸、たんぱく質のツナの栄養面で満足のパスタが手軽にできました。

アレルギー体質なので、摂取を控えたほうが良いので、大好きだけど麺は控えめ、具材多目の出来上がりです。

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

回るスカート、開きすぎタンクトップの簡単解決法

今日は、kin'ironotsukiです。

 

皆さんは、スカートが回って、一日に何度も直す必要があった経験はありませんか?

私は結構あって、歩きながらスカートをくるっと回したりして、その度にちょっとストレスを感じてしまいます。

 

その解決法として、安全ピンを使うという方法を最近思いつき試してみました。

 

キャミソールやタンクトップなども前身ごろの下のほうとスカートの上のほうを2本ほどの安全ピンで留めるだけの、とても簡単な方法ですが、効果ありでした。

 

この安全ピンで留める方法は、胸の部分が開きすぎてしまうキャミソールやタンクトップの問題解決にも使えます。

 

肩ひもの部分をつまんで、安全ピンで留めるだけなのですが、私は胸が開きすぎているのは苦手なので、この方法は頻繁に使っています。

なかなか自分の好みにピッタリの開き具合のキャミソールやタンクトップに出会わないので、この方法によって、開きすぎていてタンスに眠っていたキャミソールたちの出番が増えました。

また、キャミソールのひもが肩からずり落ちるのが嫌なときはブラの紐に安全ピンで留めることがあります。

 

着こなしによっては、安全ピンを上手く隠せるように留められず、この方法が使えない場合もあると思いますが、私の場合、安全ピンのおかげで、かなり問題が解決しました。

試される方は、安全ピンといっても、ピンですから、怪我をされないように十分注意してください。

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

白髪は抜かずに染めずに切るべし!

 今日は、kin'ironotsukiです。

私は白髪が気になり始めて6~7年になります。 私の白髪対処法はカットです。

 

子どもの頃、母に頼まれて白髪を抜いてあげていました。

ある時、母がお友達と出かけて、立ち寄ったお店の店員さんに、白髪は抜いてはダメ、毛根を痛めて毛が生えてこなくなると言われたんです。

 

それ以来、抜くから切るに任務が変更になりました。

抜くのは結構楽しいのですが、切るのは黒髪を切らないように神経を使い、なかなか面倒な感じです。

 

店員さんの言葉を信じた母の強い要望があり、暇を見つけては、チョキチョキ、チョキチョキ頑張りました。

抜いた白髪より、切った白髪は当然伸びるのが早いので、白髪切りのほうが頻繁に行う必要があります。

時には父まで借り出され、老眼鏡をかけて「切るのが遅い」と母に文句を言われながらも奮闘していました。

その家族の協力のお蔭で、母は周囲の人に、「染めていないの?すごい!」と何度も言われ、ご満悦の日々をかなり長く過ごせました。

 

白髪を切り続けて15年以上経った頃、母は60代後半に。さすがに白髪切りを卒業することになりました。白髪が増え、切ってしまうと薄毛に見えてしまうようになったんです。

 

白髪を切るのをやめてから、当然毛量は増えます。今は染めていますが、70代としてはかなりのボリュームです。

 

そんな母の成功例を見ているので、私も白髪を切る派なんです。

マルチミラーといわれる合わせ鏡を使って、自分で切ります。(この鏡は本来カラーリングの時に便利なんだと思いますが)

真剣に切ると、没頭し、私にとってはちょっとしたストレス解消です。自分を自分できれいにできているというコントロール感がいいのかな?? よくわかりませんが、切り出すとどんどん続けたくなってしまう。集中するので話題のマインドフルネスにもつながっているのかも。やりすぎると首が痛くなるのでご注意を!

DRETEC[ドリテック] マルチミラー MR-201 ピンク・ホワイト【美容 化粧品 収納 鏡 生活家電 理美容 ヘルスケア用品】【KM】【TC】

価格:750円
(2019/5/12 16:57時点)
感想(0件)

私くらいの熟練(?)になると、利き手の右手だけではなく、左手でも切れます。

利き手ではない手を使うのは、脳にとっても良いので、脳トレにもなって一石二鳥です。いや、ストレス解消、カラーリング代節約にもなっているので、4鳥です!

 

できれば、母のように60代後半まで、髪を染めずに頑張りたいと思います。

 

自分で切るのが無理なら、家族や友人にお願いして切ってもらうのもいいですよ。

私も時々おしゃべりしながら母に切ってもらうことがありますが、髪を触られると気持ちが良くてウトウトしてしまいます。

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

お気に入りのウォレットバッグ、ラプチャー

今日は、kin'ironotsukiです。

 

できるだけ物を増やさないようにしたいと思っている私。

バッグなども見ると欲しくなるものがたくさんあるんですが、ここ数年は買わずにがまんができています。ただ、財布を兼ねたスマホなどが入るウォレットバッグは別なのですが。

 

気がつくと、ここ数年で4個買ってしまいました。

 

持ち歩く荷物が多く、普通のお買い物のお出かけや仕事でも、「今日泊まり?」ときかれてしまう、大きなバッグを愛用する私にとっては、とても便利なアイテムなのです。

 

大きなバッグから財布を取り出すのって大変ですよね。その探す手間が、ウォレットバッグだと全くないのです。楽です!

 

そして、あるスタイリストの方が、「小さいバッグはアクセサリーにもなる。」と本に書いていたのですが、本当にそうだと思います。

 

シンプルな服が多い私にとって、良いアクセントになります。

美容師さんとか、販売員さんに一番褒められ率が高いアイテムです。

 

最近はあちらこちらで見かけることが多くなったウォレットバッグですが、私が持っているのは、全てRaptureというブランドのもの。

 

サザビーとのコラボ商品が可愛くて一目ぼれしたのが出会い。

ただその時は色をどれにするかで迷ってしまい購入にいたらず、次にお店に行った時には全色完売になってしまっていたのです。

 

で結局ネットで購入しました。

その後も全てネットで買っているのですが、バッグと違い置き場所もあまり取らないので、たぶんまた買ってしまうと思います。

ちなみに、お出かけの際にウォレットバッグの便利さ、そしてお店の人に褒められているのを目の当たりにした母も1つ手に入れることになりました。

 

Rapture ラプチャー エブリデイポシェットウォレット PO-345 レディース

Rapture ラプチャー ユニットウォレットバッグ PO-317 レディース

Raptureには、ウォレットポシェットと一回り大きいウォレットバッグがあり、私は2つずつ持っています。

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

ストレス解消:気持がスッキリする方法

今日は、kin'ironotsukiです。

 

ちょっと前に、職場の方の県外の大学に通っている息子さんが、友人ができずに大学生活になじめず、不登校になったということがありました。

 

大学から保護者に来てくれるようにとの連絡があり、欠勤しますということだったので、大変だなぁと思っていたのですが、当の職場の方は、「あのバカ息子が!!友達とかいなくても別にかまわないのに。しょうがないから行って来る。」と大きな明るい声で言ってたんです。少し面白がっているような口調で。

 

私は、大変な時は落ち込みがちだし、悲観的なところがあり、直したいとずっと思っています。

その方は仕事の面でも、すごく大変な状況の時も、大変そうにしていることがなくて、

ぼやくときも明るくぼやくみたいな人。面白っぽくいうので、聞いててニヤッとしてしまうような。それがすごいなぁと思っていると伝えました。

 

するとびっくり、その人が、「あなたも同じタイプだと思うよ。」と言ってくれたんです。

真逆だと思っていたので本当に驚きました。もちろんすごく嬉しかったです。

自分のくよくよ考えるのは自覚しているので、同じではないけど、少しでも、素敵だと思える気持ちのあり方に近づけて行きたいと思います。

 

そのひとつの方法として、ストレスに感じるような出来事があったら、気持ちがスッキリするようなことをする。

例えば、開運のために玄関のタタキをきれいにするってよく耳にしますよね。わたしは実践しているのですが、それに加えてもう1つしていることがあります。

 

それは、靴の裏をきれいにすること。

世界で活躍されている近藤まりえさんが、きれいな靴でよい場所につれていってもらえるようにとやっていることだと紹介されていたんです。

 

週末にタタキを掃除するついでに、その1週間に履いた靴をまとめてきれいにします。

水でしめらせた古布で靴の裏をささっと拭くだけなんですが、なんか気持ちがいいんです。おすすめです!

 

ついでなんですが、ついでに靴の裏チェックしメンテナンスもします。かかとが磨り減る前に、シューグーを塗ります。以前は靴の修理やさんにお世話になっていましたが、現在は自分で新しい靴を購入してすぐにまずシューグー。何度か履いてシューグーが磨り減ってきたら、またシューグー。これで修理代不要になりました。

 

シューグー 100 ブラック

新品価格
¥948から
(2019/5/12 11:15時点)

修理代不要になって嬉しいと思ったりするのも、小さいことですが、気持ちをちょっと明るくしてくれることでもあります。

 

長くなってしまいました。最後までお読み頂き感謝です。

 

 

 

 

 

 

ピアス新作 : 2wayで使えるものなど

今日は、kin'ironotsukiです。

 

趣味のビーズアクセサリー作り。ビーズの色の組み合わせを考えるのが楽しいのですが,自分の好みのブルー系にどうしても作品が偏りがちです。

 

先日友人がプレゼントしたピアスをつけていてくれて、ピアスに合わせた洋服のコーディネートをしてくれたと感じ、とても素敵に似合っていたのが嬉しかったです。

 

今回の作品は、お店に納品したものです。

自分が作ったものを、気に入って購入してもらうと、本当に嬉しいです。

自分が売る側になって、買い物するときも、これも誰かが一生懸命考えながら作ったものなんだよなぁと思いながら、商品を手にするようになりました。

 

作品は全てピアス。

 

最後のは、極細のゴールドチェーンが、お好みや合わせる洋服、気分によって、取り外しが可能です。

このタイプを作ったのはこれで2回目。前回のは、ありがたいことにお店に納品してすぐに売れたので、またちょっとデザインと色を変えて作ってみました。

2wayで楽しめるのって、お得な感じで好きです。

 

f:id:kinironotsuki:20190510173202j:image

 

f:id:kinironotsuki:20190510173227j:image

 

f:id:kinironotsuki:20190510173244j:image

 

f:id:kinironotsuki:20190510173309j:image

 

f:id:kinironotsuki:20190510173333j:image

 では、最後までお読み頂きありがとうございました。

 

< p> 

 

 

 

夏にお金をかけるもの : 日傘と日焼け防止ボレロ

今日は、kin'ironotsuki です。

 

私は本当に日に焼けやすく、外で遊んだ後に、「今日は曇りでよかった、焼けずにすんだ。」とみんなが喜んでいる隣で、一人だけ真っ赤にほてった顔をしていることが何度もありました。

 

年頃になってからは、できるだけ昼間外で遊ぶことは避け,例えば、テニスは昼間なら断り、夜なら参加するみたいな。 

 

そんな努力をしても、日々の生活でちょっとずつ焼けてしまうんですよね。

 

日々の生活でも日傘やボレロ、手袋など日焼け防止グッズは愛用してます。

 

中でも日傘は、1万円近くのものを今年新調しました。日傘って1,2年で防止効果が薄れるんですよね。 去年までは3000円のものでしたが、1万円位のを使った姉が「やっぱりいい!!すごくいい!!」とあまりに言うもので、私も使ってみることにしたのです。

 

1万円は高いけど、シミができたら取るのには、美容液とかもっともっとお金をかけないと取れないので、お金の使い方としては正しいかなと。

 

まだ、夏本番ではないので、ちょっとしか使っていないですが、姉が力説していた遮熱効果はすでに実感しました。買ってよかった!

 

後は置き忘れに注意し、雑に使って傘骨をおらないようしなければ。

大事にして2年は使うぞ!