金色の月

心と生活を楽に豊かにできるような、色んなことを綴ります。目指すはお薦め日替わりランチプレートみたいなブログ。

可能であれば早起きがやっぱりいいと思う

こんにちは、kin'ironotsukiです。

 

今日は仕事は休み。でも仕事の日と同じ朝5:40に目が覚めました。「休みかぁ」と思いながら15分ほどベッドの上でテレビを聴いてそれか歯磨きに立ち上がりました。

 

若い頃は休みの日は遅い日は11時頃まで寝ていて、始業が遅い仕事っていいなと思い、フリーランスの仕事なら好きな時間に起きれるのではと甘いことを夢見たりしていました。とにかくゆっくり寝たかった。

 

年を重ねた今は、早起きしたら時間がもうけた気がして、逆に寝坊したら損した気がします。特に夏は天然クーラーが効いている朝の時間を有効活用しないとすごくもったいない気がするんです。

早起きしたからって特別なことをするわけではなく、今日で言えば興味がある新聞記事読み返してその中でもう捨ててもいいもの、まだとっておきたいものの仕分けをしたり。そんな小さいことでも早朝に終わらせると一日のスタートに弾みをつけてくれる感じがして、いつもよりちょっぴり前向きな気持ちで過ごせます。

 

若い頃寝坊に憧れていた私は、本質的には朝型タイプではないようなr気が今でもしています。

それで早く起きるための小さな工夫が2つ。

まず一つ目は、カーテンを開けて寝ること。レースのカーテンだけにして、朝徐々に外が明るくなるのを感じて体が少しずつ目覚めていくように。

 

二つ目は目覚まし時計を使わないこと。以前は2つ目覚まし時計をスヌーズ機能も活用しながら何回も何回も鳴らして起きていたのですが、今はテレビのオンタイマーを利用しています。目覚ましは脳に刺激が強すぎるというような話を聞いてからテレビにかえたんです。

チャンネルはフジテレビに設定。平日朝5:40は芸能ニュースなのでボーっとした頭でも好きな芸能人の話題などには敏感に反応します。音量は大きくなくても目覚まし効果抜群です。興味の持てる刺激的な話題、すっごくありがたい!

 

世の中には社会に不可欠な昼夜逆の仕事をしている方もらっしゃいますが、もし朝活が可能な状況にある方なら試す価値ありと、元お寝坊は思っております。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。